水泳専門用語集




A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z

 

01.あ
■あおり足

あおり足とは平泳ぎのキック時に足の甲で蹴ってしまうキック。

泳法違反となります。

もっと詳しく…

■アップ

=ウォーミングアップ

運動による怪我の防止や主運動を行うための身体の準備。その運動に対する能力を最大に発揮できる状態を作ること。

もっと詳しく…

■アップビート

バタ足やドルフィンキック、バサロキックにおいて上に蹴り上げるキック動作。バタ足、ドルフィンキックは足の裏、バサロキックは足の甲で蹴り上げる。

■アルタネイトストローク

身体を右半身と左半身に縦割りして左右半身を交互に動かす泳ぎ方。

現代4泳法ではクロールと背泳ぎを指します。

もっと詳しく…

02.い
■板キック

ビート板を使ったキック練習。背泳ぎ以外の3つの泳法でよく行われます。

もっと詳しく…

■イルカ飛び

=ドルフィンスルー

プールに立った状態から軽くジャンプ、指先から入水し、指先、頭から水面上に浮き上がる練習。バタフライの基本動作として取り入れることが多いが、水慣れにも効果的な練習と言える。

もっと詳しく…

03.う
ウォーミングアップ

運動による怪我の防止や主運動を行うための身体の準備。その運動に対する能力を最大に発揮できる状態を作ること。

もっと詳しく…

■渦抵抗

物体の側面から生じる渦でできる摩擦抵抗と、物体を前面から見た前方の面積の広さから生じる前面抵抗の2つを言う。

04.え
■エリプティカル・プルパターン

4泳法の両腕のプル動作は直線的な動きではなく、緩やかなカーブの軌道を描きます。このカーブを描くプルパターンのことを言います。

■エントリー

=入水

主に入水動作のことをいいます。クロール・バタフライ・背泳ぎにおいて水の外から水中に手が入る動作を指します。

もっと詳しく…

05.お


06.か
■カービル兄弟

今日的なクロールを20世紀初頭ヨーロッパに広めた著名な水泳一家の兄弟。

■片手スイム

=ワンハンド・スクーター

ドリル練習の1つで片手のみでスイム動作を繰り返す練習。使わない手は前方に置いておく方法と体側に置いておく方法がある。

■片手背泳ぎ

ドリル練習の1つで片手のみで背泳ぎの動作を繰り返す練習。使わない手は前方に置いておく方法と体側に置いておく方法がある。

■片手クロール

ドリル練習の1つで片手のみでクロールの動作を繰り返す練習。使わない手は前方に置いておく方法と体側に置いておく方法がある。

■片手バタフライ

ドリル練習の1つで片手のみでバタフライの動作を繰り返す練習。使わない手は前方に置いておく方法と体側に置いておく方法がある。

■片手平泳ぎ

ドリル練習の1つで片手のみで平泳ぎの動作を繰り返す練習。使わない手は前方に置いておく方法と体側に置いておく方法がある。

07.き
■キック

水泳では4泳法の足の動作を言うが、足だけを使った練習メニューをキックと言うことも多い。

■キャッチ

ストローク動作の1つで水を捕まえる動作を指す。最初の推進局面となるが、推進力は大きくない。

もっと詳しく…

■キャッチアップ

クロール・背泳ぎのドリル練習の1つで前方(頭の上)で両手を合わせる。クロール・背泳ぎとも初心者から上級者まで使えるドリル練習。

08.く
■クロール

両手で交互に水をかき、両足を交互に上下に動かして泳ぐ現代4泳法の1つ。

もっと詳しく…

■グライド

4泳法それぞれで伸びる動作を指す。

■グライドキック

=蹴伸びバタ足

ストリームラインを保ち、蹴伸び姿勢でバタ足を行うドリル。キック強化の他、体幹強化、腹圧強化、姿勢の確認に役立つ。

09.け
■蹴伸び

プールの壁を両足で蹴り、両手を前方で組み、伏し浮き状態で進む運動

もっと詳しく…

■蹴伸びバタ足

=グライドキック

ストリームラインを保ち、蹴伸び姿勢でバタ足を行うドリル。キック強化の他、体幹強化、腹圧強化、姿勢の確認に役立つ。

■現代4泳法

クロール・背泳ぎ・平泳ぎ・バタフライの4種目を言う。

10.こ
■抗力


11.さ
■サイマルタナスストローク

身体を上半身と下半身とで横割りにして上下半身を交互に動かす泳法。平泳ぎ、バタフライ。

もっと詳しく…

12.し
■6ビート(シックスビート)

クロール・背泳ぎにおいて、両腕の1ストロークパターンのうち、キックを6回蹴る泳法。

■シード・カービル

1903年今日的なクロールをアメリカに紹介した人物。

■自由形

競泳種目の1つ。泳ぎに制限はないが、現在は1番速く泳げるクロール指すことがほとんど。

■ジャパニーズ・クロール

1930年代日本で改良されたクロール。ダウンビート(蹴り下げ)よりもアップビート(蹴り上げ)を意識したクロール。

13.す
■水圧
■推進力
■ストリームライン
■ストレートアーム

クロールにおいて、肘を曲げることなく真っ直ぐのままでストローク動作を行うこと。

14.せ
■背泳ぎ

仰向けで両腕を交互に動かしながらバタ足で進む泳法。

■世界記録

別ページ参照
・長水路男子

15.そ


16.た
■ダイブ

水泳では飛び込みのことを指す。

■ダウンビート

バタ足やドルフィンキック、バサロキックにおいて下に蹴り下げるキック動作。バタ足、ドルフィンキックは足の甲、バサロキックは足の裏で蹴り下げる。

■だるま浮き
■ターン

壁を使った折り返し動作。

17.ち
18.つ
■2ビート(ツービート)

クロール・背泳ぎにおいて、両腕の1ストロークパターンのうち、キックを2回蹴る泳法。

19.て
■ディセンディング

持久系の練習メニューの1つ。1本目より2本目、2本目より3本目と言うように本数を重ねるごとにタイムを上げていく練習。

■テンポ

=ピッチ

泳ぎのリズム。

20.と
■ドライランドトレーニング

=陸トレ

水泳選手が行うトレーニングで、陸上で行う筋力トレーニングや柔軟性を高めるトレーニング。

もっと詳しく…

■ドリル

=分習法

泳ぎを分解し、右手だけやキックだけというように1点にフォーカスした練習方法。

■ドルフィンスルー

=イルカ飛び

プールに立った状態から軽くジャンプ、指先から入水し、指先、頭から水面上に浮き上がる練習。バタフライの基本動作として取り入れることが多いが、水慣れにも効果的な練習と言える。

■ドルフィンキック

バタフライやスタート、ターン直後に使うキックで両足を揃えて上下に動かすキック。



21.な
22.に
■入水

=エントリー

主に入水動作のことをいいます。クロール・バタフライ・背泳ぎにおいて水の外から水中に手が入る動作を指します。

23.ぬ
24.ね
25.の


26.は
■ハイエルボー

肘を高く保つことを指す。クロールのリカバリーのほか、水中でも肘の位置を高く保つことは重要である。

■バサロキック

背泳ぎのスタート直後、ターン直後に行う仰向けでの両足を揃えたキック。ドルフィンキックを仰向けで行うもの。

■バタ足

=フラッターキック

クロールの時に用いるキック動作で足を左右交互に上下動させる動き。

■バタフライ

両腕は同時に動かし、両足は同時に上下に動かす泳法。

■バック

=背泳ぎ

仰向けで両腕を交互に動かしながらバタ足で進む泳法。

■バックキック

仰向けの蹴伸び姿勢で行うバタ足。背泳ぎのキック練習として行うことが多い。

■バッタ

=バタフライ

両腕は同時に動かし、両足は同時に上下に動かす泳法。

■バブリング

水中で鼻と口から息を吐き、水面上に顔を出したらパッ!と口から息を吐く、呼吸の練習方法。

■パドル

ストローク動作の強化に使う練習用具。

27.ひ
■平泳ぎ

うつ伏せで両手は同時に動かし、足はカエル足で泳ぐ泳法。

■ビルドアップ

主に後半を強化する練習メニューの1つ。100mを泳ぐとして最初の25mよりも25m~50mを50m~75mを上げる。最後の25mはマックスのスピードで泳ぐという練習。

■ビート板

主にキックの練習に使う練習用具。

■ピッチ

=テンポ

泳ぎのリズム。

28.ふ
■フィニッシュ

ストロークパターンの1つで。かきの終わりを指す。

■4ビート(フォービート)

クロール・背泳ぎにおいて、両腕の1ストロークパターンのうち、キックを4回蹴る泳法。

■フラッターキック

=バタ足

クロールの時に用いるキック動作で足を左右交互に上下動させる動き。

■ブレス

呼吸の意味。

■ブレスト

=平泳ぎ

うつ伏せで両手は同時に動かし、足はカエル足で泳ぐ泳法。

■プッシュ

ストロークパターンの1つで押す動作を指す。

■プル

ストローク動作の1つで引っ張る動作を指す。

また、腕だけで泳ぐ練習メニューをプルと呼ぶ。

■プルブイ

両足に挟み、腕だけで泳ぐための練習用具。

29.へ
30.ほ
■ボビング

水中で鼻と口から息を吐き、水面上でパッと口から息を吐く。その後、口から息を吸う。これを連続でジャンプしながら行う、呼吸と水慣れの練習方法。

■ボードキック

=板キック

ビート板を使ったキック練習。背泳ぎ以外の3つの泳法でよく行われます。



31.ま
32.み
■水抵抗

渦抵抗と造波抵抗のことを言う。

■水の特性

浮力・水温・抵抗・水圧の4つを水の特性と呼び、身体に様々な効果をもたらす。

33.む
34.め
■メディアル・ローテーション

肘と肩を内転させる動きのことをいう。

35.も


36.や
37.ゆ
38.よ
■揚力


 

39.ら
40.り
■リカバリー
■リチャード・カービル

1902年今日的なクロールをヨーロッパへ紹介した人物。

■流線型

水泳では水面に対しての姿勢が平行か、あるいは水平に保たれた細長い体形のことを言う。

■陸トレ

=ドライランドトレーニング

水泳選手が行うトレーニングで、陸上で行う筋力トレーニングや柔軟性を高めるトレーニング。

41.る
42.れ
43.ろ
■ローリング

クロール、背泳ぎにおける、胴体の回転動作。

44.わ
■ワンハンド

=片手スイム・スクーター

ドリル練習の1つで片手のみでスイム動作を繰り返す練習。使わない手は前方に置いておく方法と体側に置いておく方法がある。

45.A
46.B
47.C
48.D
49.E
50.F
51.G
52.H
53.I
54.J
55.K
56.L
57.M
58.N
59.O
60.P
61.Q
62.R
63.S
64.T
65.U
66.V
67.W
68.X
69.Y
71.Z

 




>
PAGE TOP