こんにちは。

水泳個人レッスンKN Swim Labの西川です。

しばらくブログも書かず何をしていたかというと、まあ何をしていたわけでもございません。

ただ、土日祝日は朝から晩までもレッスンと移動、月曜日の午前中から夕方まではお休みをいただくということにしているので、週末にいただいたLINEやメールの返信がどうしても遅くなってしまいます。申し訳ございません。

さて、今日は最近読み始めた本を紹介してみたいと思います。

大分県明豊高校野球部監督の川崎絢平さんの本。

変化を続けて頂点を狙う 柔軟力

タイトル、そして帯にあった言葉に惹かれて即買いでした。

基本、本はこれを買おうと決めて書店に行くのではなく、所謂“ジャケ買い”です。

水泳の専門書や欲しいものが決まっているときのみAmazonって感じですね。

水泳の指導をしているから水泳の本から知識を得る。これは当たり前のことなのですが、ジャンルを問わずいろんな本を読み、それを全て自分の指導に置き換えてみる。

この方法を取り始めたのはもう15年ほど前ですかね。

これをやり始めてから、たくさんの言葉を伝えられるようになってきたかと自分自身感じています。

ブログを読んでくださっている皆さんは水泳に詳しい方がほとんどで野球はあまり…という方も多いかと思います。

そこで今回は明豊高校野球部と川崎絢平監督について少しだけ。




以下ウィキペディアより

1999年(平成11年)4月、別府大学附属高等学校を運営していた学校法人別府大学と明星(みょうじょう)中学・高等学校を運営していた学校法人明星学園の合併によって発足した。校名は明星学園の「明」と別府大学の旧称の豊州女学校の「豊」を合わせたもの。卓球部、野球部、剣道部、女子バスケットボール部が全国レベルとなっている。

高校野球に詳しい方でしたら、お分かりですよね。

明豊出身のプロ野球選手と言えば、福岡ソフトバンクホークスの遊撃手、今宮健太選手が有名ですね。最近ではヤクルトスワローズの濱田太貴選手なんかも。

甲子園常連校で、川崎監督に関しては“九州に川崎あり”と勝手に憧れている指導者の一人です。

川崎監督は智弁和歌山出身。そう、あの高校野球のレジェンド、高嶋仁監督の教え子。

高嶋監督といえば、ゴロを打つな、外野の頭を超せ(他力本願になるな)という攻撃理論の持ち主。その高嶋イズムの継承者が勉強し、努力を積み重ね、選手たちとの関係性や指導理論を書いたのがこの本です。

読んでいて感じたのが、あ、これ自分もやってるなということがほとんど。あ、これは取り入れてみようと思うことも多々。

そして色々なことに気付かされる内容でした。

内容、自分自身が感じたことは今後、数回に分けこのブログで紹介していきたいと思います。

ブログも少しはためになることを書いて行かなきゃな、なんて思っている所存です。

ふざけた内容は自身のプライベートブログにて公開していきたいと思います。

 

関連サイト一覧
KN  Swim Lab Official Instagram
YouTube KN Swim Lab Channel
I’m a Free Man~水泳パーソナルコーチの自由気ままな日常を~
Kosuke Nishikawa Instagram




Follow me!

最新情報をチェックしよう!

日々これ思うことの最新記事8件

>
PAGE TOP