にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ
にほんブログ村

こんにちは。

水泳個人レッスンKN Swim Labの西川です。

今回は【メダル数から見る今後の展望】ということで、アメリカ・オーストラリア・イギリスといった3強に追いつくには…

ということで競泳のメダル獲得数とともに話を進めてみたいと思います。

メダル獲得ランキング
順位 国名 合計
1位 アメリカ 12 11 8 31
2位 オーストラリア 9 3 8 20
3位 イギリス 3 4 1 8
4位 中国 3 3 1 7
5位 カナダ 1 3 2 6
6位 ROC 2 2 1 5
6位 イタリア 1 4 5
8位 日本 2 1 3
9位 ブラジル 2 2
9位 ウクライナ 1 1 2
9位 ドイツ 2 2
9位 オランダ 2 2
9位 ハンガリー 1 1 2
9位 スイス 2 2
9位 南アフリカ 1 1 2
16位 フランス 1 1
16位 チュニジア 1 1
16位 フィンランド 1 1
16位 スウェーデン 1 1
16位 デンマーク 1 1
16位 香港 1 1




にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ
にほんブログ村

やはりアメリカの31個は群を抜いていますね。やはり男女ともに強い。

2位のオーストラリアが20個。オーストラリアも水泳大国のイメージが強いのですが、今回男子に勢いがなかったかな!?なんて印象です。やはりイアン・ソープやグラント・ハケットの時代のイメージが強いせいですかね。

3位はイギリス。やはり水泳と言えばアメリカ・オーストラリア・イギリスの3強が長く続いていますね。イギリスと言えばやはりアダム・ピーティ。横浜国際プールで見かけたのですが、やはりデカイ!そしてカッコ良かったです。

今回も大活躍でしたね。

日本は大橋悠依選手の2個メ、4個メの金2つと、本多灯選手の2バタの銀で合計3つ。本来であればあと2つ3つ加算されてもおかしくなかったかなというのが戦前の予想でしたね。

やはり何が起こるか分からないのがオリンピックであり、スポーツの醍醐味でもあります。

これから日本がアメリカ・オーストラリア・イギリスに追いついて行くには、やはりジュニア選手の底上げ。ジュニア世代は世界的にも強いと言われているので、中学生高校生あたりの年代をどう成長させて行くかが鍵になってくるのではないかと思っています。

そしてやはりここでも言っておきたいのが、コーチの分業制です。

トップ選手には専属のトレーナーや栄養士がつくのは有名な話なのですが、水泳のパーソナルレッスンも含めて日本もジュニア世代からどんどん各分野のスペシャリストを使って行くことが大事なのではないかと思います。

はい、「メダル数から見る今後の展望」今回はこんな感じでまとめさせていただきました。

この記事で東京オリンピック関連は8つ目となりました。

あと2記事、何を書こうかな…



関連サイト一覧
KN  Swim Lab Official Instagram
YouTube KN Swim Lab Channel
I’m a Free Man~水泳パーソナルコーチの自由気ままな日常を~
Kosuke Nishikawa Instagram
ブログランキング・にほんブログ村へ




にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ
にほんブログ村

Follow me!

最新情報をチェックしよう!
>
PAGE TOP