こんにちは。

水泳個人レッスンKN Swim Labの西川です。

毎週日曜日は飲酒の日。特にいいことがあった時はじゃぶじゃぶやっちゃいますよね。

先週は短水路日本選手権。長く一緒にやってきた選手がついに決勝の舞台に。

ってなると、量も増えちゃうわけです

で、月曜日から金曜日までは疲労具合を見ながらトレーニングです。

トレーニングは筋トレとスイム。

スイムはトレーニングの日と、確認の日に分けているのですが、今日は確認の練習を紹介してみたいと思います。

まずは大まかに週間スケジュールを。

曜日 スイム トレーニング
月曜日 Drill 胸・三頭
火曜日 Drill 背中・二頭
水曜日 Long 肩・腹
木曜日 Speed 下半身
金曜日 Active Rest 休み
土曜日 Rest
日曜日 Rest 休み

こんな感じで曜日ごとにやることを分けています。

週初めの月曜・火曜は体を慣らすことと、普段自分自身がレッスンで使っているドリルの確認。それとこの先こんなドリルどうかな?って言うのも確認しています。

もちろんドリルだけで終わるわけではなく、スイムも少し挟みますよ。

このスケジュールは選手としてのスケジュールではなく、コーチとしてのスケジュール。速くなることが目的だと物足りないのですが、仕事の確認と最低限、自分自身の泳力を保つにはちょうどいいかと思っています。




で、最初に書いた確認の練習。表の月火にあるDrillってところです。

例えば今日の練習メニューはアップ後、フリーの体幹系のドリル3種類を25m*4*3これが終わったら、Form50m*4

このフォームでドリルで意識した体幹が上手く使えているか、安定感は増しているかを確認。

次にストローク系のドリルを6種類25m*4*6これが終わったらまた、Form50m*4

このFormはストローク動作の確認といった感じ。

最後に25mのハードで確認し、ダウンして終了という感じです。

今日はTotal 1,700m

距離はどうでもいい。しっかり確認できたかと、先週までの疲れをリセットできたかが重要なんですね。

先ほども書きましたが、選手やマスターズスイマーの方には物足りない練習です。

ただ、疲労が溜まっている日や調子が悪い日、確認したいな〜って時にこんなメニューを入れるといいと思います。

よく、選手のみんなにも公共プールで自主練したいんだけど、メニューはどんなのがいい?なんて聞かれるのですが、普段クラブでしっかりハードに泳げているなら、こういうメニューがいいかな。

もちろん、コロナ禍と言うこともあり、あまり泳げていない場合はまた変わってきますけどね。

それと、マスターズの方にもオススメしたいですね。

やはり仕事の疲れや、忙しくて1時間、30分しか時間が取れないなんてこともあるかと思います。そんなとき、SKPSやスイムだけって方も多いと思うのですが、こんな感じの練習を取り入れておくと、体力的なアップは図れませんが、技術的なことは向上すると思うし、悩みを解決した時などはストレス解消にも繋がりますからね。

と言うわけで、今日は練習といっても確認することも重要ですよってお話でした。

さて、これからレース動画のチェック、レッスン、トレーニング…

まだまだ1日は長い。

がんばります!



関連サイト一覧
KN  Swim Lab Official Instagram
YouTube KN Swim Lab Channel
I’m a Free Man~水泳パーソナルコーチの自由気ままな日常を~
Kosuke Nishikawa Instagram




Follow me!

最新情報をチェックしよう!
>
PAGE TOP