書くことの重要性




こんにちは。

水泳個人レッスンKN Swim Labの西川です。

今日はレッスン2本のみ。その後、レース動画のチェックが3レース。

今日もたくさんお仕事いただきありがとうございます。

また、いろいろな会場からJO切ったよ!の報告がありこちらこそ感謝感謝です。

さてさて、5月1日に肉体改造を始めて1ヶ月と12日。今のところ順調に進んでいます。肉体改造のことは専用のブログに書いていますので、ぜひ!

で、タイトルにあるノートのお話。

いつもパーソナルレッスンが終わると、その日やったことをノートに書いて提出してくれる選手や、週2回自分のチームで練習したことをノートにまとめて送ってくれる選手がいます。

チェックして、一言二言ですがコメントを返信しています。

みんなそれぞれの書き方でしっかり書いてくれてます。本当に嬉しい。

そんなノートのことを思い出したのが昨日のウエイトトレーニングの最中。

自分が通っているジムは24時間オープンのジムなのですが、どんな時間に行ってもとにかく意識の高い人が多い。これはもう最高の環境ですね。

昨日は中でもびっくりするぐらいの体の方がいました。

でかいだけじゃなく、キレッキレ!

上腕二頭筋も血走ってるぐらい。

その方のトレーニングを見ていると、本当に限界まで追い込んでるのがわかるし、ウエイトもハンパじゃない。

さらに1セット終わるごとにメモ帳に記入。




自分も以前は書いていたのですが、最近はGoogleカレンダーに記入して見直してもいませんでした。

ここで選手のことも頭によぎり猛省。

明日から自分もトレーニングノートを復活させよう。

そんな気になりました。

トレーニングノートにはその日の種目はもちろん、セット数、重量、次への課題を書き込みます。マンネリ化を防ぐだけじゃなく、どんどん負荷を上げて行くのには欠かせませんよね。

そう考えると、やっぱり練習ノートってすごく大事。

自分に提出しなくてもメモ程度にでも書いておくと絶対違うんです。

逆に提出することを考えず、思ったことを箇条書き、殴り書きでいいと思う。いや、その方がいい。

人に見せるためのものではなく、自分だけがわかればいいノートってすごく大事だと思うんですよね。提出するならそこからちょこっとまとめて提出すればいい話だし。

そんなこんなで今日はこれでお仕事終わりなので、ノートを持ってジムへ出かけようと思います。

で、ノートはトレーニング専用のものではなく、ちょっと大きめのメモ帳。

かなりボリュームもあり、選手のこともメモしてあるノートなのですが、一生取っておくものなので一緒がいい。しかも時系列で書いていけるしね。

ノートの使い方、メモの取り方、おすすめがあったらぜひ教えてください。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へにほんブログ村 その他スポーツブログ パーソナルトレーナーへ


■水泳個人レッスン・パーソナルレッスンKN Swim Lab

■KN Swim Lab Official Instagram

■Kosuke_Nishikawa Instagram

■KN Swim Lab Official Twitter

■KN Swim Lab Official Youtube

■水泳個人レッスンのお問い合わせはこちらから




Follow me!

  1. カーリングチーム、ロコソラーレ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

KN Swim Lab Official Instagram

KN Swim Lab Official Twitter

PAGE TOP
PAGE TOP