若い世代が熱い!~幼児から低学年も頑張ってます~




にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

こんにちは。

水泳個人レッスンKN Swim Labの西川です。

今日は朝イチ辰巳でマスターズ練習会。

その後はひたすら机に向かっております。先ほどレース動画のチェックも終え、残すところはこのブログ更新。

今、自分が見させていただいている年齢層の平均を出したところ、大学生が1割、高校生が2割、中学生が4割、小学校高学年が2割、低学年と幼児を合わせて1割と言った感じでした。

上の世代が多いのはやはり長く続けて来てくださっている方が多いからですね。

実際、自分のイメージって小学校高学年以上ってイメージが強いみたいで、小さなお子様と手を繋いでプールサイドにいると、けっこう皆さんにイジってもらってます汗

よくこんな質問されるんです。

「コーチはなんの泳ぎを教えるのが得意?」とか、「どのぐらいの子どもが専門ですか?」って。

これ正直、本当の話、全部です。

っていうのも、自分の場合すべてのカテゴリーを数年以上経験してからパーソナルコーチになったんですね。

フィットネスクラブでは成人の初心者から中級者。高齢の方のレッスン。

幼児から学童のスイミングスクールを運営、現場での責任者としてもやっていました。

マスターズチームからご依頼を受け、10年以上担当って形で。

そうすると、どのカテゴリーが得意とかどの泳法を教えるのが得意とか言ってられないんです。それぞれのカテゴリーに合わせた勉強もかなりしてきましたし、泳法に関しても同じでなんです。

あ、これ、自慢じゃなく事実ね!

それと他のコーチと比べての話でもありません。

1つのカテゴリーに絞り込んで圧倒的な成績を残している先生方もたくさんいますからね。

で、今日お話したいのはそこじゃなく、若い世代が熱い!ってお話。

若い世代っていうのは幼児から低学年のお子様たち。

1番下で5歳の女の子がきてくれているのですが、足のつかないプールで呼吸なしのクロール7mできてます。すごい勢いでびっくりしますよ。

ここは3年生のお兄ちゃんも一緒に来てくれているのですが、選手を目指しているわけではなく学校で困らないようにという感じです。お兄ちゃんは根性がすごい。

あと5m!キツくなったときにフォームはめちゃくちゃになるのですが絶対に立たない。

うわ、すげーな。これ選手にも絶対必要だよね。

なんて思っていつも見てます。




にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ

お友達同士で来てくれている1年生コンビ。

1年生の男女。男の子は暴れそうかな?なんて思ってたら、説明はしっかり聞くし動かずここで待ってての指示もしっかり守ってくれます。

女の子はおとなしく、泳ぎも丁寧。それでも学校での出来事や給食のことなんかたくさん話してくれます。

2人ともクロール、平泳ぎで25m完泳してます。

まだいる!

お兄ちゃん、お姉ちゃんが選手で、現在2年生の2人。

2人とも女子なのですが、ここは気持ちが強い。

練習でここ伝わってるかな〜って思ったことが次の練習ではしっかりできてる。

またこの世代でも試合に出始めているのですが、ここで爆発するんですね。これは大きいですよ。ここ一発の勝負勘みたいなやつですね。これは気持ちがないとできないこと。

さらにさらに、最近来初めてくれた1年生女子。

おっとりしていて、「よし、ハードもう1本行こうか!」なんて聞いてみると「ハードはもう今日はやらないの〜」って。

よしじゃあ、いっか!ってなっちゃうのですが、この子もしっかり話を聞くし、なにより言われたことをやろうとしているのがすごく伝わってくる。

この子も試合に出ているのですが、なんと1ヶ月で50mのクロールが7秒速くなりました。

こちらが実際、お母様にいただいたLINEです。

*画像は掲載許可を得ています

もちろんこれは彼女の力。自分はきっかけを作っただけですね。

こんな感じで最近、若い世代が熱いんです。

もちろん、上は上でとんでもないタイム出しちゃってるのですが。

今、上で頑張ってる選手たちみたいになってほしいな。そんな思い出やらせていただいています。

PVアクセスランキング にほんブログ村


■水泳個人レッスン・パーソナルレッスンKN Swim Lab

■KN Swim Lab Official Instagram

■Kosuke_Nishikawa Instagram

■KN Swim Lab Official Twitter

■KN Swim Lab Official Youtube

■水泳個人レッスンのお問い合わせはこちらから




Follow me!

  1. アマゾンで本を購入

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
PAGE TOP