【日本短水路選手権2022】青木玲緒樹選手の日本記録まとめ




こんにちは。

水泳個人レッスンKN Swim Labの西川です。

10月22日、23日で行われた短水路日本選手権、本多灯選手の200mバタフライ世界新記録の記事は前回書きましたね。

今回は女子100m平泳ぎで出た、青木玲緒樹選手(ミズノ)の平泳ぎを徹底解剖してみたいと思います。

徹底解剖はちょっと大袈裟か。

YouTubeで見えている範囲でのデータとなります。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ

PVアクセスランキング にほんブログ村




にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ

短水路日本記録100m平泳ぎ

青木玲緒樹選手の日本新記録

選手名 青木玲緒樹
所属 ミズノ
生年月日 1995年2月24日
記録更新日 2022年10月22日
記録 1:04.01

青木選手といえば、東京スイミングセンター出身の武蔵野中高、東洋大学、ミズノと水泳界の超エリートですね。

東スイ、東洋とくればやはり名将、平井伯昌先生。

青木選手もまた平井先生の教え子ですね。

身長は167cm日本の女子選手の中では普通よりやや大きい方かと思います。年齢は27歳、ベテランの域に入り始めたところですね。

青木玲緒樹選手、100m平泳ぎ短水路日本新記録樹立のレースはこちら。

PVアクセスランキング にほんブログ村


短水路日本選手権女子100m平泳ぎ結果

着順 選手名 記録
1位 青木玲緒樹 1:04.01
2位 深澤舞 1:05.14
3位 渡部香生子 1:05.15
4位 鈴木聡美 1:05.79
5位 吉田杏子 1:05.97
6位 加藤心冨 1:06.22
7位 岡田侑奈 1:06.26
8位 斎藤千紘 1:06.45

1位は文句なしの青木選手1:04.01の短水路日本新記録。2位は新潟医福大職員の深澤選手。ここ数年、新潟医福大目立ってますね。特にスプリントの選手が多いのかな?

3位は渡辺香生子選手、4位は鈴木聡美選手と2人ともオリンピアンですね。

個人的に注目していたスウィンの加藤選手は1:06.22の6位。この選手は高校生ですね。

100m平泳ぎデータ

レース展開

・スタート後、浮き上がりは約12mで青木選手がリード

・25m通過は青木選手で2位の選手に体1/3ほどリード

・50m通過も青木選手

・2位通過は鈴木選手、3位は早稲田大学の斎藤選手の順

・50m通過時、青木選手は29.76日本記録の-0.67と最高の入り

・50~75mで体1つリード

・ラスト25mもリードを守り切り日本新記録樹立

ストローク数

YouTube配信を見ながら確認したため、50~75mは画面表示の関係で確認することができませんでした。

距離 ストローク数
~25m 8回
25~50m 9回
50~75m 不明
75~100m 10回

ラップタイム

距離 通過タイム 距離 ラップタイム
50m 29.76 0~50m 29.76
100m 1:04.01 50~100m 34.25

1位青木選手は前半29.76このレース唯一の29秒台。後半は34.25で前後半の差は+4.49のトータル1:04.01

2位の深澤選手は前半31.06、後半34.08、前後半の差は+3.02のトータル1:05.14

3位の渡部選手は前半30.86、後半34.29、前後半差は+3.43のトータル1:05.15

前後半差だけ見ると青木選手は後半弱い?って感じになるかと思うのですが、これは前半突っ込んだ結果ですね。前半の貯金をしっかり守り切っての日本記録ということになりますね。

タッチ

距離 タッチ
25m ピッタリ
50m ピッタリ
75m ピッタリ
100m やや流れる

青木選手、タッチがほぼピッタリなのですが、壁の5mほど前で上手く合わせに行っているのがわかりますね。特に75mのターンは最後のひとかきでピッチを上げたのがはっきりわかります。

この壁際のテクニックは直後のターン動作に直結してくるので、ぜひジュニアスイマーも参考にしてほしいところです。

まとめ

青木選手はスタートから最後までトップを守り切っての日本新記録樹立。

終始浅い位置で滑るような泳ぎでしたね。

壁技(タッチ)の上手さも際立ったレースかと思いました。

レース展開としては前半から逃げ切る展開。調子がいいときにしかできない作戦かと思います。




Follow me!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
PAGE TOP